×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

きんぴら工房、放射能検査結果

これまでに行ってきた放射能検査結果のデータです。
ひとつ検査するだけで、5,000円、6,000円、飛んでいきます。
個人で行う検査費用、正直、馬鹿になりませんよね……。






上記のデータで、セシウム134が検出されてるじゃん!?と思われるかと思いますが、検査員の方によると、これはセシウム134とよく誤認されるBi-214という別の核種が検出された結果だということだったので、特に問題無いそうです。
※Bi-214は自然界の様々なものに広く含まれている無害な物質だそうです。詳しくはコチラ。

2012年度、米の検査は上記椎茸と同じく、アイメジャーさんに依頼しました。
用紙を出力せずに、データのみメールでやり取りするかたちでしたので、以下にメールの内容を転載します。


測定結果
-----
■検体:玄米
品位:高品位(<1Bq/kg、1.645σ)
結果:
Cs-137 ND < 1 Bq/kg
Cs-134 5.9±1.1 Bq/kg
I-131 ND < 1 Bq/kg
測定日時:2012.10.25 0:58
測定時間:10H
検体重量:650g
容器:700mlマリネリ
測定装置:TechnoAP TS150B(シンチレーション式LaBr3)
測定所:アイメジャー信州放射能ラボ(iSHL)
-----


※これも上記と同じくBi-214だということです。