きんぴら通信。2019年8月号

  • 『地球の上で暮らす事』 by店長
    この地球に生きている生き物はすべて見えない糸でつながりあっていて、それぞれにつりあいの取れた何らかの関係をもって生かされ合っている。この関係からどんな生き物も逃れられないと思っている。生き物どころか土や石ころも引力や熱などのエネルギーなども加わって複雑に関係しあっているかもしれない。植物と動物は特にお互いを食料(エネルギー)として支えあいの関係である事は間違いない。 動物はよく肉食と菜食と二つに分けられるが、人は歯の形から菜食動物だと判断する考え方も有るが、縄文時代には猟をして動物を食べていたのだから菜食と決め付けるには無理があるのだろう。人が地球上で病気に掛からず豊かに暮らすというのは、必要以上の便利さを求めない事から始まるのではないだろうか。菜食動物の牛に安い動物の骨を食料とさせる事や、本当は食べ物ではない化学成形物を形や色や香りを整えたり腐りをなくすために入れ込むこと。 便利さや経済性を重視するこの時代は命をつなぐという食文化をとことん壊しつづけているのではないだろうか。細かな事を言い始めたらきりが無いが、働くという楽しみの時間までも、労働させられているという苦しみに変わってしまっている人が多いのではないだろうか。唐突でまとまりの無い文章になっているが、肉を自分たちで捕って食べられていた頃は、本当に食の時間が楽しかったのだろうと僕は想像している。菜食主義とは人間の本来の姿では決して無いと野生児(子供の頃はタニシやフナや蜂の子やイナゴやせみや蛇までを食べていた)だった店長は感じるのだ。
  • 《夏真っ盛り》byKURA
    夏らしい暑さが続いています。一度、太陽がまだ高いうちに畑仕事をしていたらクラクラしてしまいました。
    最近は、朝夕の少し穏やかな時間帯をねらって作業を進めています。そうすると朝靄や夕暮れの美しい風景に出会い、感動し涙を滲ませてしまう私です・・。
    きんぴら農園では夏野菜が収穫期をむかえ、毎日採りたての野菜をいただいています。そのおいしさに感動し、幸せだな〜と、また涙が・・私って単純・・。
  • 『らいのみ』by葉
    今からほんの少し前、確か今年の二月頃に折角美味いライ麦を自家栽培しているのだから、もっとライ麦パンの種類を増やしてみてもいいんじゃないかと思い立ち、『ぺとらい』という甘いライ麦パンを創作してみました。ライ麦100%の生地の中にライ麦の全粒粉と黒糖を絡めたミネラルたっぷりの黒餡を入れこんだ、健康志向な甘い菓子パンというよく分からないジャンルのパンです。案の定、売れ行きはなかなかどうして芳しくなく、ひどい時には半分以上残ることも・・・・・・。こ、これはマズイ、何とかしないと。ライ麦は腹に溜まるからもっと小さくしたらどうだろう?中身が見えないから餡が入っていると分かりにくいんじゃないだろうか?半分に割ってみたら良いかもしれない。そもそもライ麦パンの購買層は甘いパンを求めているのか?それを言ったらおしまいだ!ああだこうだと改良して、今では『らいのみ』という名前と姿に落ち着いています。相変わらず売れ行きは好調とは言えませんが、最近ちらほらと『らいのみ』が美味しかった、今日は『らいのみ』有りませんか?という声をいただけるようになりました。本当にありがたい事です。『らいのみ』のような万人受けしないパンにとっては、こういう一つ一つの言葉が冗談抜きで命綱です。売れないパンでもまた焼こうという、やる気がふつふつ沸いてきます。
  • 「お知らせ」
    ■8月の13日から16日までの4日間、きんぴら工房はお盆休みをいただきます。お店・卸・配達ともに全て休みとなりますので、どうかご了承ください。
    ■遂に今年も麦の収穫作業が終わり、今まで品切れになっていた南部小麦、ライ麦、スペルト麦。合計三種の荒挽き全粒粉の販売が再開されました。
    現在は、アルプス市場、CAMBIO、歯科大前のJA直売所、きんぴら工房の4箇所で購入可能です。
    また、ホームページの『きんぴら農園直売所』からも受け付けをしています。
    ■農事ボランティア募集中です。
    ■きんぴら工房に6月から体験ボランティアの方が一名入りました。一層良いパンが出来るように心がけたいと思います。パン製品のふらつきがあるかもしれませんがなにとぞよろしくお願いいたします。
    ■月1回の開店、夜の食堂『ラ・ピンキ』予約受付はメールかファックスでお願いいたします。予約は1週間前までにお願いします。8月の第5回は28日の土曜日です。いよいよ農園で夏野菜が採れ始めましたので、それらを使った料理をお出ししようと思っています。
    メールはきんぴら工房ホームページより送ってください。
    ファックスは0263-53-5494です。
    ■5月にホームページが開かなくなってしまいました。新しいアドレスで間を見ながら作り直しております。
    前号へ
    次号へ