きんぴら通信。2013年12月号

  • 『時間が早まる師走』 by店長
    年々時間が早く流れていく。これは仕方ないことだと思うけれども、やることは年々増えている気がしてしっかり休むことが出来なくなっている。
    と言うか、休めば良いのだろうが、休んでいられない性分となってしまったようだ。
    農作業の方はぶどうの剪定作業を残すのみとなり、これは春先までにやれば良いことなので、一時、頭の隅に追いやっておくことにした。今1番しなくてはならないことは、暮れまでに自宅周りの草木を片付ける作業だろう。丸一年間、手を入れることが出来なかった草木は、すぐにジャングル状態になり、ぱぱっとは片付かない。
    土蔵周りだけでも既に3日かかっているが、後もう少し時間が掛かりそうだ。
    竹藪は毎年、間伐した竹筒が5カ所に山積みとなっていて、これを焼却処分しないことには、今年の間伐作業はできないぞと自問してしまった。
    その奥の栗林は、南側にある墓地の大きなケヤキの傘の下となってしまい、ついに今年は実を付けることが出来なくなってしまったので、これも全て切り倒して片付けなくてはいけないだろう。
    12月に入ると、毎年、平出の泉の掃除がある。
    8日の日曜に、その水を使っている田んぼの組合員が集まって、午後1時から掃除をした。我が家もその仲間となっているために、店長が熊手をもって出掛けた。この2年間はアオミドロの発生があり、随分と大変な作業であったが、今年はその成果が出たのか、全く底にアオミドロの発生を見ることはなかった。
    毎年の作業のやり方次第で、この泉もきれいになったり、そうでなかったりと正直なものだ。
    パン作りも農業も……みんなそうに違いはないんだろう。
    毎年、季節と共に時間は繰り返し過ぎていくものだが、同じようには過ぎて行ってくれないものだ。毎年、身体は順調に衰えるし、頭は回転しなくなるし、ちょんぼと言うやつも多くなるし。
    しかしながら、年を取ると言うことは、実に楽しいことなのかもしれない。生きていくという事だけで、経験という知恵が積み重なっていく。
    年を取ることによって、これから出来る事、したい事が多くなってきていることを、最近よく感じる事がある。
    日本国家は経済戦争ばかりか、人や自然環境に向かっての戦争をしようと本気で考えているようだ。国会の様子を見ていると、ああいうのを国の暴走と言って良いのだろう。国民が選んでしまった政治家屋ばかりなのだからとも思うが、どうしても、自分が今見ている美しい風景や、思いが未来に残るようにしたいものだと12月7日に改めて思った。
  • 『105』 by葉
    普段使いにも便利な自転車、
    折り畳み自転車のメーカーも色々あって悩ましい。
    有名どころだと、DAHON。
    無名どころだと、バイクフライデー。
    大小あわせて数十種類。
    有象無象のメーカー達が、
    それぞれ鎬を削り合う世界。
    会社と同様、製品も多い。
    街乗り用の安いものから、レース仕様の高いものまで、数え切れない選択肢がある。
    基本的には、値段の高さに比例して、性能、軽さも高くなっていく。
    わかりやすいことこの上ない。
    まあ、当たり前のことですね。
    性能は値段をみれば判るので、逆に言うと、それ以外の要素。
    デザイン。色合い。使用スタイル。
    あらかじめ決めた予算の範囲で、この三点を吟味さえすれば、必然的に自分が欲しい、自転車が浮かび上がってくるはず。
    以上が、あれこれ調べて出てきた、自分なりの大まかな感想。
    さて、ここからは、個別の紹介。
    一覧するのはとても無理なので、参考程度に、あまり知られないマイナーどころをいくつか案内。

    まずは、文頭でも上げた会社、バイクフライデーの「ポケットロケット」(8.9s)。
    とりあえず名前が格好いいですよね。
    ポケット、ロケット。
    ロードバイクの走行性能を持つ小径車というコンセプトで作られており、恐らく、現在、一番走行性能が高い、折り畳み自転車です。
    ただし、その分、折り畳み機能は今ひとつ。
    車体は軽量ではあるものの、
    手間が掛かって、サイズも大きめ。
    値段もお高く20万前後。
    いろいろ特化しすぎな一台。
    次に、r&mの「BD-1」(10.5s)。
    折り畳み時にフレームを分割しない、剛性の高い折り畳み自転車として有名。
    走行性能は割と高めで、カスタマイズの幅が広く、愛好者の多いのが特徴です。
    価格は驚き17万前後。
    折り畳み時にややかさばるため、ブロンプトンとよく比べられる。

    つづいて、ブロンプトン・バイシクルの、
    「BROMPTON」(11.5s)
    輪行しやすさナンバーワン。
    上記の二台と異なり、
    折り畳み性能に特化した自転車。
    デザイン、佇まいに品があり、
    所有欲をそそられる。
    価格はそこそこ15万前後。
    ただし、走行性能はお察し。

    最後に、ジョン・ホワイトの、
    「OriBIKE」(10.7s)
    折り紙を語源として作られた、
    極めて無難な折り畳み自転車。
    BD-1の剛性と、BROMPTONの輪行性能を持ち合わせてます。 
    価格はマル得10万前後。
    ただ、フレームの構成上、
    前傾姿勢はちょっと厳しい。

    とりあえず、表にしてまとめると、
    【走行性能】
    ポケットロケット>BD-1≧OriBIKE>>ブロンプトン
    【折り畳み性能】
    ブロンプトン>OriBIKE>BD-1>ポケットロケット
    大体、こんな感じでしょうかね。

    個人的にベストなおすすめ。
    コストパフォーマンスからいうと、OriBIKEがダントツでトップ。
    折り畳みの手間、速度、重量。畳んだ時のサイズからして、高バランスでまとまっているし、
    価格も、他と比べてお安く、9〜13万ほどとなってます。
    勿論、10万前後というのは、
    自転車にしては安くない値段。
    1万幾らのママチャリや、クロスバイクの事を思えば、呆れてしまう値段ではあります。
    しかし、けれども、それでも敢えて、この自転車はお得だと思う。
    いっそ、自転車を買うと思わず、別の乗り物だと考えた方が、的を得ているような気もする。
    カップ麺と老舗のラーメン。
    コンビニパンと天然酵母パン。
    ピンとキリとを同じ名前で呼ぼうとするから、
    ややこしいのかも。
    ちなみに、自分は、目下の所、メイドイン讃岐の折り畳み自転車、タイレルFXに乗りたい。
    ロード並みの走行性能。
    特徴的なスラントデザイン。
    値段は……言わぬが花ですね。
    かさばる物欲。除夜の鐘。
    自転車乗りの煩悩は108ではなく105あるという……。
    それでは、皆様良いお年を!
  • 「お知らせ」
    ★きんぴら農園の新米売り切れ。
    今年は11月中旬から販売を始めましたが、
    1週間あまりで売り切れとなりました。
    ありがとう御座いました。
    雪が降る前に森作業で出来るチップ材をいっぱい田んぼに運び込もうと思っています。
    来年も米作りに頑張りますので、これからも宜しくお願い致します。

    ★ごま販売開始です。
    今まで、沢山作ることが出来ませんでしたが、やっと、余剰分を確保出来るようになりました。
    とりあえずは、黒ごま、金ごまと、
    二種類を販売致します。
    価格は50g入り250円です。
    アルプス市場とお店で販売しますので、
    こちらも宜しくお願い致します。

    ★シュトーレンの予約販売。
    ドイツのクリスマス菓子、シュトーレンを予約制で販売します。
    一個あたり、約230gで、価格は1000円。
    基本的には、今月23日(月)にまとめて製造発送し、翌24日(火)に配達される予定でおります。
    希望される方は、ホームページの通販フォームからお申し込み下さい。

    ★次回の東京出店。
    1月11日(土)、18日(土)の二日間、
    青山国連大学前広場にて行われる、ファーマーズマーケットに参加します。
    ※東京朝市(代々木公園)は、用事のため、お休みするので、宜しくお願い致します。

    ★東京都内の卸先。
    毎週水曜午前着で、調布仙川の食糧品店『納々屋』さんに、パンを卸しています。
    欲しいパンの個人予約も可能。
    通販と違い、こちらは送料が掛かりませんので、お近くの方はオススメです。

    ★新規の卸先を募集いたします。
    パンの製造量に余裕が出来ましたので、新規の卸販売先を募集致します。
    電話は不在で出られない事が多いため、詳しい内容、問い合わせなどは、下記のメールアドレス宛にご連絡頂けると助かります。

    ★きんぴら農園ボランティアご案内。
    手伝い、ボランティアしたい方は、メールでお気軽にご連絡下さい。
    作業の内容や進み具合は、店長農園ブログをご覧ください。

    ★年末休みと新年の営業日の案内
    年末、24日火曜の配達配送を最後に、
    正月休みを頂きます。
    新年は、7日火曜日より再開する予定です。

    ★第5回、パン講習会開催。
    1月15日(水)午前10時〜
    参加費1500円(※材料代込み)
    うちのパンを取り扱ってもらっている、
    岡谷市のオーガニックマーケット、
    CAMBIOさんで、パン講習会を開催します。
    月に一度の予約制なので、参加希望の方はお早めにお問い合わせ下さい。

    前号へ
    次号へ