きんぴら通信。2013年8月号

  • 『夏なのか終わりなのか秋の入り口なのか・・ええ、梅雨があがったところかい』 by店長
    農業従事者は季節労働者に間違いは無い。
    と言うわけでおいらは季節労働者に間違いないということである。
    きんぴらの夏休みは1週間有り、生き物相手のお仕事なので、毎日朝晩の暑さの厳しくない時間帯にできるだけ農事をやっているのですが、これがまた気力体力が落ちてくるとなかなか体が動かないわけでして、早朝5時には外仕事に出たいのだが、布団から出るのもままならないのである。
    6時30分からのラジオ体操、これは農事以上に大事だと思っているので、這っても居間にいってやろうかと・・・そんなでもないか。
    昨年のこの休みは何をしていたのかというと、屋根に登って太陽熱温水器の設置作業をしていた。
    今年は雨水タンクを設置してトイレの水として使えるようにがんばろうかと思っていたのだが、あと2日しかない休みの後半となり、無理かなとも思い始めている。
    話を農事に戻そう。
    あんなにひどい夕立が周りであったのにここらでは雨がほとんど無いので田んぼの水引合戦がひどくなっているようだ。
    毎日田んぼの横の水路を朝晩見るのだが、水が流れていない。
    水口の板は外したままにしていてもいつの間にか誰かが閉じてしまうしまつだ。
    8月も中旬となり秋野菜の種蒔き作業を始めたが、やはり雨が無いので水まき作業が加わってくるわけです。
    今年はごまが種を蒔いたのに雨が無くてジョロでの水まきに苦労しましたが、その甲斐もなく種蒔きのやり直しを3回もやったのでした。
    今年ほど散水機の必要性を感じる年はありません。
    年々体力が落ちてくるのを感じる店長としては農事の機械化と効率化をまじめに考え実行していくしかないと思うのであります。
    直せないと思っていたハンマーモアーもどうにか使えるようになり2年使って本調子になってきたかと思いきやここへ来てエンジンが掛かりづらくなってしまった。
    特に中古機械はこじれると大変なんだな。
    何かと出費がかさむ農業に少しうんざり気味だが、来年再来年とこの先が今よりも少しでも楽に時間が過ぎていけるようにしていきたいものだと思って日々過ごしている。
    注(楽という意味はなにもしなくても用が足せるという事ではなく、楽しい苦労をしたいとい事で使っています。)
    これから秋に向かってイベントも多くなり、お店の方も忙しくなってくるだろう。体調を心配してくれる人たちに感謝しながら頑張りたいと思っている店長です。
  • 『TREK』 by葉
    先日、バイクを購入しました。
    50cc?125cc?
    それとも飛んで400cc?
    ……いやいや、それが0cc。
    ガソリン、電気を食って動かない、
    排気量ゼロの最新バイクです。
    察しのいい人は、もうお分かりかと思いますけど、今回、自分が購入したのはバイクと言っても自転車の方。
    TREK Madone 2.1
    舗装路向けの高速自転車、
    いわゆるロードバイクです。
    ちなみに自分は、免許持ち。
    原付にも乗りますし、車だって運転します。
    ただ、個人的な持ち物として、車を購入したことは、かつて、一度もありません。
    欲しいと思ったこともないです。
    金銭上の都合とか、
    理由は色々あるんですけど……。
    自動車だと、ほら、なんというか、こう……、
    振り回されてるといいますか、車に人が使われているような、変な感じがあるんですよね……。
    人間としてのの能力を拡張するというよりも、
    自動車の持つ性能を生かすことが目的というか。
    道具としての魅力でいうなら、自転車の方が、
    自動車よりも、優れているかと思っちゃうわけです。
    衣・食・住じゃあないんですけど、お金を費やす手順としては、なるべく自分の身の回り。
    身近な小さい部分から、
    充実させていきたいかなあと。
    まあ、大体、そんな感覚で、
    自転車欲しいと思ったわけです。
    クロスバイクに、小径、ママチャリ、
    MTBに、ランドナー。
    数ある自転車たちの中から、ロードバイクを選んだ理由は、なんだか格好良さそうだから。
    ベタな理由で恐縮です……。
    ……いや、でも、ホントに見た感じ、
    ロードバイクって、格好良いんですよ。
    こう、スラッと伸びて、キュッと締まって、
    スタイリッシュっていうんですかね?
    自転車のメインストリームである、
    路上駐車のママチャリ群とは、
    もう、見た目からして違ってるんです。
    無論、言うまでも無いことですけど、
    走行性能、乗り心地だって、
    月とすっぽん、うなぎとドジョウ。
    天と地ほどの落差があります。
    ……まあ、お値段も激しいですけど。
    そこは、まあ、まあ、仕方ない?ところ。
    100円ショップの安イヤホンと、ソニーの高級ヘッドホンとを比べて唸るようなもんかと。
    お盆休み、九州の池島に旅行してきたこともあり、まだ、二、三度しか乗っていませんが、
    足を休めた際の惰性でも、ツツーっと、スケートリンクを滑るかのように、進む感覚はゾクゾクしますね。
    平地でブレーキをかけなかったら、そのまま、ふわふわ飛んでいきそう。
    ある程度、足が慣れてきたらば、ブルベとかにも参加したいなあ……。
  • 「お知らせ」
    ★次回の東京朝市。
    9月22日(日)
    東京都、代々木公園。
    NHKホール脇のケヤキ通りにて、パンの出張販売をする予定です。

    ★東京都内の卸先。
    毎週水曜午前着で、調布の食糧品店『納々屋』さんに、うちのパンを卸しています。
    欲しいパンの個人予約も可能。
    通販と違い、こちらは送料が掛かりませんので、お近くの方はオススメです。

    ★グリーンファームで販売開始。
    長野県伊那の産直市場、『グリーンファーム』さんで、パンを販売させて頂けることになりました。
    今のところ週2回。
    水曜、土曜にお届け予定。
    売れ行きに合わせて、種類、数量を調整していく予定ですので、ご協力をお願いします。

    ★減糖ワッフルはじめました。
    「甘くないワッフルが食べたいんだ……」
    そんな自己願望を満たすべく、バターも卵も使わない、甘さ控えめ食事用ワッフルを作ってみました。
    極甘ホットケーキと違って、これなら、メープルシロップをたらふく掛けても大丈夫?
    もっちりとしたパンタイプなので、トマトにレタス、ハム等を挟み、サンドイッチにしても美味しい。
    あの格子状の凹凸が、うまい具合に滑り止めになり、意外と食べやすかったりしますよ。

    ★きんぴら農園ボランティアご案内。
    ○手伝い、ボランティアしたい方は、メールでお気軽にご連絡下さい。
    作業の進み具合は、店長農園ブログをご覧ください。

    ★生活クラブの低温殺菌。
    牛乳はその牛が食べる飼料が何かということがとても大切です。
    出来れば外国産でなく、国産のものを選びたい。
    原発事故の放射能。
    農薬だけにとどまらず、最近は遺伝子組み換え作物という新たな問題もあり、牛乳に対する健康リスクが一層、高まってきたと感じております。
    生活クラブの安曇野低温殺菌牛乳は、搾乳期に遺伝子組み換え飼料を与えず、独自の放射能検査も行っているこだわりの一品。
    原乳の雑菌数もとても少なく、おすすめできる牛乳です。

    前号へ
    次号へ